読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日

WinRM:Windowsリモート管理

EC2でwindowsを扱う。 AMIは名前で検索して日付が最新のものを使う。
Windows_Server-2012-R2_RTM-Japanese-64Bit-Base

amazon AMIで用意されていることの一覧 イメージの変更点

WinRMは構成済み。構成済みのファイアウォールではローカルサブネットからの受信のみが許可されている。インスタンスファイアウォールでは制限をせずに、セキュリティグループで許可するIPアドレスを指定することにする。

ちなみに、LocalAccountTokenFilterPolicy(リモートUAC)は1(無効)に設定されている。ドメイン環境でなくてもリモートから管理者権限で操作ができる。 HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system

アカウント名とパスワードでリモートにログインすることになるので、送信側のTrustedHostに送信先を登録する必要がある。ホスト名でもIPアドレスでも*(ワイルドカード)でも可。
winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts="Server0"}
既にある値に追記するならpowershell
Set-Item wsman:\localhost\Client\TrustedHosts Server0 -Concatenate -Force

これから

  • WinRM HTTPSトランスポートの構成と-useSSL
  • DSCとWebPIを使って最新AMIからWebサーバーを用意する手順
  • Route53へのパブリックIPの登録の自動化
  • Route53のプライベートホストゾーンを使ってサーバー間を固定の名前で接続する